家を買うのにいくらお金が必要ですか?

「マイホームを取得するには貯蓄がどれくらいになったら手が届きますか?」と聞かれることが多くあります。私はズバリ「手に入れたい物件価格の3割は貯めておきたい」と答えます。3,000万円の家を取得したいなら900万円は用意しておくのが基本です。

3割のうち1割は税金や保険料、各種手数料分として、あとの2割を頭金とする考え方です。かなりハードルが高く感じるかもしれませんね。

でも、3割は貯めておく必要があるという考え方は、どのファイナンシャルプランナーに聞いても口を揃えて言う基本中の基本なのです。

でも、この頃は基本に乗っ取って住宅取得をしようとする人ばかりではなくなりました。殆ど頭金無しでマイホームを購入しているケースが現実には少なくないのです。

以前は銀行も住宅価格の8割までしかローンを組ませてくれませんでした。今では世の中全体、個人の借り手には寛大になっていますから、全額に近い金額まで貸してくれるでしょう。

頭金が貯まるまで辛抱するよりも全額ローンを組んで今すぐ住宅を取得したいと考えてもおかしくない世の中になりました。ただし、頭金がちょっぴりでマイホームを購入すると何か不安なのか?この点だけは理解しておいてほしいと思います。

頭金が極端に少なくて購入すると手に入れたマイホームは、マイナスの資産になるのです。ピカピカの新築でも、一旦入居すれば「中古物件」となって価格は2割も下がります。何らかの事情で取得したばかりのマイホームを売却しなければならない場合が人生にはあり得るものです。

殆どローンで買ったような家は、大きな決心をして売却しても確実にローンが残ることになります。売れば何とかなるという最終手段も心の支えにはなりません。

そんなマイナス資産を背負って新居生活をスタートするのは、気が重くはないでしょうか。やはり頭金は、希望する物件価格の3割以上の貯蓄を作ってからと考えたいものです。

また、購入後に残しておくお金も必要です。頭金を多くしようとして貯蓄がゼロになってしまうのも心配です。購入できたとしても待望の新居に移ってからお金の心配が頭から離れなくなりそうです。

冠婚葬祭があったり、車の故障で急に修理代が必要になったり、そんな時に貯蓄が少ないと、何処からお金を工面するかで苦慮することになります。

こうした状態が続くと、仲のいい夫婦の間でも相手のお金の使い方を責めたり、マイホームの購入を後悔したり、精神面でも辛い状態を招きかねません。こんな状況を避けるには、マイホームを購入する時は手元に貯蓄を残す計画で考えましょう。

目安としては住宅ローン返済も含め最低6ヵ月分は残せるように資金計画を立てましょう。20代、30代でも、最低150万円は無いと不安です。

3割の自己資金と150万円以上の貯蓄、必要な貯蓄の山は高いですが、資金づくりの必要性に早く気づいてスタートすれば、きっと実現できるはずです。

— posted by しょういち at 10:05 am  

最悪の事態を避けることが大事!そのために守るべきセオリー

人生で避けたいことの1つは最悪の事態に陥るということではないでしょうか。人生には色々なことがあるものですが、最悪の事態に陥らなければ何とかなるものですし、復帰も早いです。これは資産運用にも言えます。資産運用していれば当然、株が上がったり、下がったり、色々あるでしょうが、大きく資産を増やすことを考えるより最悪の事態を避けることを考えることが賢明だと思うのです。

とんでもない損を抱えてしまったり、生活に支障をきたしたりしないようにリスク管理こそが大切です。そのためにはセオリーを守っていくことです。

セオリーその1は資産運用の前に、ライフプランを考えること。自分の望むライフプランを実現するために資産を運用していくという原則を忘れないことです。儲けることが大切なのではなく、自分のライフプランに合った運用を心がけることでしょう。

必ず当たる予測はない

セオリーその2は予定のある資金は投資に回さない。ライフプランを確認して予定のある資金はリスクのあるもので運用しないこと、投資はあくまでも余裕資金で投資を行いましょう。何故なら投資はブレがあるし、先が分からないものです。絶対ということも、必ず当たる予測というものもあり得ません。

新聞を見ても株価、為替などに関して相反する予測を載せているように、色々な見方があります。誰かの予測が当たる場合もありますが、それは振り返って分かることで、投資する時点では分からないものでしょう。また、予測している時点から予測までの間に起こる出来事は予測に反映されていないので、正確な予測は難しいとも言えます。

セオリーその3は借金して投資をしないこと。自分の余裕資金で投資する場合、最悪自分の持っているお金が無くなるだけで済むし、余裕資金なら生活にさほど支障をきたさないでしょう。借金したりレバレッジを掛けて投資したりすれば、そうい
うわけにはいきません。

他人に判断を委ねない

セオリーその4は分からないものには投資しないこと。金融商品であっても株式投資であっても自分がよく分からないもの、ちゃんと納得していないものにはお金を投じないことだと思います。内容が分からなければ、どんなリスクがあるのかも、それにどのように対応すればいいのかも分からないということです。儲かることを考える前に、とんでもない損を抱えてしまう可能性について心配すべきだと思います。

セオリーその5は他人に判断を委ねないこと。自分のライフプランを1番知っているのは自分です。金融商品を勧められても自分のライフプランに合うかどうかは、自分で判断したいものです。また、勧めてくれる人が良い人であったとしても、その金融商品が自分にとって良いかどうかはまた別です。自分なりのセオリーを持ってリスクを管理していきましょう。

— posted by しょういち at 02:44 pm  

中国で結婚できない男女が増えている原因

中国の多くの女性は家と自動車を持っていることを結婚相手の「最低条件」としています。ホワイトカラーの男性ならまだしも一般労働者でこの条件をクリアするのはかなり難しく、親や祖父母、親戚からお金を借りてまで家を購入しようとする涙ぐましい男性もいるほどです。

こうした高いハードルが結婚できない男を増やしている側面もあります。結婚できない適齢期の男女の数は中国全体で約1億8,000万人にも上ると言われており「一人っ子政策」と晩婚化の影響で、中国の少子・高齢化はますます深刻なステージに突入するとの懸念の声もあります。「80後」の価値観とライフスタイル25歳~28歳という中国女性の結婚適齢期を今まさに迎えているのは「80後」と呼ばれる世代の若者たちです。

「80後」とは文字どおり1980年以降に生まれた世代のこと。より正確には1980年~1989年の間に生まれた若者たちのことを指します。同じように1990年から1999年までに生まれた若者は「90後」と呼ばれます。2011年現在、「80後」の年齢は22歳~31歳、「90後」は10歳~21歳ということになります。

中国で結婚できない男女が増えている原因のひとつは「80後」の価値観が、それ以前の世代と大きく変わってしまったことにもあると言われています。現在40代の1960年代生まれ、30代の1970年代生まれは、ともに「改革・開放」以前の中国に生まれた世代です。特に1960年代生まれは幼少期から少年期にかけて文化大革命を経験しています。

「ビートルズを知らなかった紅衛兵-中国革命のなかの一家の記録」(唐亜明,岩波書店,1990年)というタイトルの本もあるように、当時の子どもたちは世界で何が起こっているのかを知ることもできず、政治の嵐が吹き荒れて経済活動がおろそかにされた結果、北京や上海といった都会に暮らす人々でも貧しい生活を送っていました。

当時はまだ「一人っ子政策」は導入されておらず、むしろ国家を発展させるために「産めよ、増やせよ」と大号令がかけられていました。そのため子どもの多い家庭ばかりで、ますます苦しい庶民生活を余儀なくされていたのです。

しかし「80後」が生まれた1980年代は「改革・開放」によって海外からさまざまな情報が流入し、急速な経済成長とともに庶民の豊かさが少しずつ増していった時代です。そのうえ1978年に導入された「一人っ子政策」によって親は一人の子に集中的にお金をかけられるようになりました。

金銭的に恵まれ、両親や祖父母の愛情をたっぷりと受けて育った「80後」は前の世代に比べてわがままで自己主張が強く、負けず嫌いなところがあると言われています。その半面、何不自由なくわがままに育てられたので協調性に乏しく打たれ弱い面があると言われるのも、この世代の大きな特徴です。

また「80後」が育ったのは江沢民前国家主席が「天安門事件」後の中国共産党に対する国民の求心力低下を食い止めるため、愛国教育を繰り広げた時期に当たります。そのため「80後」は前の世代に比べて反日感情が強く、2005年の小泉前首相の靖国参拝以来、中国の反日デモや暴動を主導しているのも「80後」の若者たちです。

その一方で「80後」は幼少期から日本のアニメや音楽などにも親しんでおり「日本は嫌いだけれど、日本のサブカルチャーは好きだ」という複雑な対日感情を持っている若者も少なくありません。「80後」のもうひとつの大きな特徴は1990年代以降、中国でも急速に普及したインターネットの洗礼を受けて育った世代であることです。

国内外のサイトにアクセスして海外の最新事情や流行を入手したり、チャットやオンラインゲーム、ショッピング、株式取引などを楽しんだりするのが当たり前です。

自宅や会社にパソコンがなければ「網町」と呼ばれるインターネットカフェに入り浸り、日がな一日パソコン画面に向かっている若者もいます。そのため「80後」はファッションやトレンドに関する情報には非常に敏感で「自由気ままに生きたい」という人生観を持っているようです。

— posted by しょういち at 04:42 pm  

 

中国の婚活ブームがいまの中国の世相を非常によく反映している

そもそも「婚活サイト」で結婚相手を探すというテーマ自体が今の中国の世相を非常によく反映しています。日本でもここ数年「婚活ブーム」が続いていますが、中国ではそれを凌ぐほどのブームが巻き起こっているのです。中国には映画に登場したような「婚活サイト」の運営会社が100社以上もあると言われ、中には登録会員数が2,500万人以上に及ぶ巨大なサイトもあります。このほかネットを媒介ともない伝統的な結婚相談所や、お見合いパーティーなどを開催する婚活イベント会社も無数に存在し、一説によると中国の婚活ビジネスの市場規模は100億元(約1,200億円)にも上ると言われています。

婚活が盛んになっている理由は「結婚できない若者」が増えているからにほかなりません。その原因のひとつが、「一人っ子政策」による男女比のアンバランス化です。中国政府直属のシンクタンク中国社会科学院が2010年に発表したレポートによると、中国では「一人っ子政策」が実施された後、男児の出生数が女児を上回る傾向が年を追うごとに顕著になっていることがわかりました。

政策実施から4年後の1982年には出生時の男女バランスが女児100人に対して男児が108,49人だったのに対し、2000年には男児が119人、2005年には210,49人にまで増えてしまいました。レポートでは「このままでは2020年に結婚適齢期の男性の人口が女性を2,400万人上回る」と警鐘を鳴らしています。

中国では一般に男の子を欲しがる傾向が強く「一人しか産めない」という制約の中で身ごもった子が女の子であることがわかると堕胎してしまうことも珍しくありません。この傾向は地方や農村部ほど強く、内陸部の一部の省では出生時の男女比率が女児100人に対して男児130人にも達しています。

嫁不足に悩んだ農村が、よその地方から若い女性を誘拐するといった深刻な社会問題に発展しているほどです。一方、中国の都市部においては、むしろ「結婚できない女性」の問題が深刻化していると言います。外資系企業などで働くホワイトカラーの女性たちの多くは仕事が忙しく、プライベートに費やす時間が削られるため、恋愛をするどころか交友関係を広げる余裕もさほどありません。

中国で女性の結婚適齢期とされる25歳~28歳前後になっても「出会い」に恵まれないことに焦りを感じて婚活サイトに登録したり婚活パーティに参加したりする人が増えているようです。

しかし、収入に恵まれた都会のホワイトカラーの女性たちは結婚相手選びも非常にシビアです。年収や学歴、将来性などが自分に釣り合う相手でなければ結婚したいとは思いません。できれば共産党や国営企業の幹部、民間企業の経営者といったお金持ちをつかまえて「玉の輿に乗りたい」というのが多くの女性たちの願望です。

そうしたニーズに対応して中国では大富豪の男性限定の「婚活サイト」も登場しています。たとえばあるサイトは2010年6月、資産5,000万元(約6億円)以上の男性に限定して花婿候補を募集。18人の男性が応募し、その情報をサイト上に公開したところ、中国本土だけでなく世界中から約5万人もの女性から申し込みが殺到したと言います。

自分を売り込むためにブログや動画サイトを活用する女性の姿も目立っています。2011年2月には、なかなか結婚しない娘に業を煮やした母親が娘の入浴中の裸をネット上で公開し、香港や台湾だけでなく、米国の大手ニュースサイトでも取り上げられて大きな話題となりました。

このほかにも2010年3月には広東省広州市に住む8人の独身女性が下着姿で「わたしと結婚して」などと書かれたプラカードを掲げながら街角で踊っている様子が動画サイトにアップロードされ注目を集めています。

一方で、お金や地位のない男性は、どんなに若くて魅力的でも結婚相手としては見向きもされない傾向があります。「娶不起、没房没車誰嫁祢」(結婚できやしない、家も自動車も持っていないから)というあるネットユーザーの書き込みを紹介したのを覚えているでしょうか。

— posted by しょういち at 04:08 pm  

 

社会進歩が生産や分配に及ぼす影響は豊かさと幸福をもたらすのか?

特に魅力が凝縮されている「社会進歩が生産や分配に及ぼす影響」に焦点を当ててみる。前半では資本を投じて得られる利潤の割合(利潤率)が低下し、資本蓄積が一定水準に到達した「定常状態」について肯定的な評価を展開している。ミルの態度はT.R.マルサスなどの経済学者が経済停滞を否定的に捉えていたのと対照的である。ミルは定常状態においては低収益の資本設備や金融市場の投機に資源を投じるよりは教育や福祉などに資源を有効に活用する方途を見据えていた。平等な所得分配のあり方が考察されている。

リカード経済学では人為がまったく及ばないという意味でパイの規模を決める生産法則とパイの配分を決める分配法則を一体のものとみなしていたが、ミルは分配法則のほうは人為にも左右されると考えた。その結果、分配理論に社会主義的な考え方を取り入れる余地か生まれた。

しかしミルが本当にユニークなのは競争の重要性も強調し、平等な分配への志向か生産効率の劣化に結びつかないように予防線を張ったところである。諸悪の根源として競争を敵視した社会主義者とは一線を画していた。「経済学原理」で題された章は日本の学説史家の間で「定常状態」でなく「停止状態」と翻訳されて、ずいぷんとネガティブな印象を読み手に与えている。

ミルが理論面でよりどころとしたリカードたちも収益性の高い投資機会が枯渇するとともに利潤率か低下し、資本蓄積が停止した経済状態を否定的に捉え、強く嫌悪した。「経済的な望ましさ」=「進歩的な状態」という発想が支配的だったからである。

しかしミルは定常状態をずいぶんと肯定的に捉えていた。彼は経済的活力が失われて経済全体が停止した状態として捉えてはいなかった。彼の定常状態に対する理解は現代のマクロ経済学の理解とほぼ同じである。すなわち資本蓄積の定常状態は資本蓄積か停止したのではなく資本を積み上げていく力と資本が取り崩されている力がちょうど均衡した状態を指している。

ミルは、あたかも静止している状態に見える定常状態において経済の新陳代謝を見いだしていた。このように理解したうえで定常状態に達した経済で収益率の低い生産資本に資源を投じて無理に経済成長を図っても、せいぜい低賃金労働者を養うだけだと喝破した。また資源が投機に浪費されやすいことも指摘した。

ミルは希少な資源を非効率な投資に浪費するぐらいならば人々にとって必要な公的支出に充当する、あるいは技術革新の原資とする方がかえって経済厚生を高められるとさらっと書いている。もちろん人間の幸福の基盤となる物質的な豊かさを軽んじたわけではない。

人々が競争をして豊かになる過程を道徳的に非難したわけでもない。一方、ミルは社会全体の経済状態の如何に関わらず人間には幸福になる契機や精神的に成熟進歩していく十分な余地があることも指摘している。

彼のしなやかな筆致の文章に接すると経済全体の豊かさは人間の幸福の必要条件にすぎず、豊かな経済環境から幸福を着実に引き出していくには人間としての成熟が必要であるとやんわり諭されているように思ってしまう。

— posted by しょういち at 03:59 pm