家を買うのにいくらお金が必要ですか?

「マイホームを取得するには貯蓄がどれくらいになったら手が届きますか?」と聞かれることが多くあります。私はズバリ「手に入れたい物件価格の3割は貯めておきたい」と答えます。3,000万円の家を取得したいなら900万円は用意しておくのが基本です。

3割のうち1割は税金や保険料、各種手数料分として、あとの2割を頭金とする考え方です。かなりハードルが高く感じるかもしれませんね。

でも、3割は貯めておく必要があるという考え方は、どのファイナンシャルプランナーに聞いても口を揃えて言う基本中の基本なのです。

でも、この頃は基本に乗っ取って住宅取得をしようとする人ばかりではなくなりました。殆ど頭金無しでマイホームを購入しているケースが現実には少なくないのです。

以前は銀行も住宅価格の8割までしかローンを組ませてくれませんでした。今では世の中全体、個人の借り手には寛大になっていますから、全額に近い金額まで貸してくれるでしょう。

頭金が貯まるまで辛抱するよりも全額ローンを組んで今すぐ住宅を取得したいと考えてもおかしくない世の中になりました。ただし、頭金がちょっぴりでマイホームを購入すると何か不安なのか?この点だけは理解しておいてほしいと思います。

頭金が極端に少なくて購入すると手に入れたマイホームは、マイナスの資産になるのです。ピカピカの新築でも、一旦入居すれば「中古物件」となって価格は2割も下がります。何らかの事情で取得したばかりのマイホームを売却しなければならない場合が人生にはあり得るものです。

殆どローンで買ったような家は、大きな決心をして売却しても確実にローンが残ることになります。売れば何とかなるという最終手段も心の支えにはなりません。

そんなマイナス資産を背負って新居生活をスタートするのは、気が重くはないでしょうか。やはり頭金は、希望する物件価格の3割以上の貯蓄を作ってからと考えたいものです。

また、購入後に残しておくお金も必要です。頭金を多くしようとして貯蓄がゼロになってしまうのも心配です。購入できたとしても待望の新居に移ってからお金の心配が頭から離れなくなりそうです。

冠婚葬祭があったり、車の故障で急に修理代が必要になったり、そんな時に貯蓄が少ないと、何処からお金を工面するかで苦慮することになります。

こうした状態が続くと、仲のいい夫婦の間でも相手のお金の使い方を責めたり、マイホームの購入を後悔したり、精神面でも辛い状態を招きかねません。こんな状況を避けるには、マイホームを購入する時は手元に貯蓄を残す計画で考えましょう。

目安としては住宅ローン返済も含め最低6ヵ月分は残せるように資金計画を立てましょう。20代、30代でも、最低150万円は無いと不安です。

3割の自己資金と150万円以上の貯蓄、必要な貯蓄の山は高いですが、資金づくりの必要性に早く気づいてスタートすれば、きっと実現できるはずです。

— posted by しょういち at 10:05 am